【読書会】開催レポート│2015年5月13日

2017年5月13日、秋葉原駅周辺のカフェにて20代ノマドカフェ東京読書会を開催いたしました。

今回の読書会も初参加の方にもたくさんご参加いただいた読書会となりました。読書会にお越しいただいた方、誠にありがとうございます。

休日は、多くの人の本の紹介を聞けるので非常に内容が充実しておりますが、平日はより濃い内容で会話ができるので、参加者同士の仲も深まります。

読書会で紹介された本はコチラ!

読書会の中で紹介された本の一部をご紹介いたします。

残念ながら参加できなかった方は、参考にしていただけたらと思います。少しでも関心がある本や、読んだことがある本やもっと知りたい本があった方は、是非次回参加してみてください。

1.人生は見切り発車でうまくいく- 奥田 浩美

本日1冊目に紹介された本は、人生は見切り発車でうまくいくです。

『人生の面白さとチャレンジの回数は比例する』

動くということは、自分からチャンスを引き寄せる最短の道なのです。

行動することが大事なのはわかっているが、なかなか一歩を踏み出すことができない。その結果、何もやらないまま終わってしまったという経験をしたことが誰もがあるはずです。

『自分は完璧主義だから』や『自分は準備をしっかりしたい』と思う人も多いと思います。しかし、著者の奥田さんも超完璧主義だったと言います。

20代は、特に見切り発車で、とにかく行動することが大事だといいます。

20代のうちは、どんな大きな失敗もしても、とりかえしがつきます。しかし、40代や50代になって、初歩的なミスをしていては話になりませんし、恥ずかしさだけが残ります。20代のうちに失敗をしておけば、年を取った時に無駄な失敗や遠回りをしなくて済みます。

もし、失敗が不安だったら、一度自分の両親など年上の方に若い時にした大きな失敗について聞いてみることも良いかもしれません。若い時にした失敗で人生が台無しになったという人は滅多にいないはずです。むしろ、笑い話として、若い時にバカみたいな失敗をしていて良かったと話してくれるはずです。

チャンスの確率=チャレンジの回数×周囲の人の多様さ×動いた場所の多様さ

この方程式さえ頭に入っていたら、行動しないことがどれだけもったいないかおわかりになると思います。若いうちは、とにかく行動、とにかくチャレンジ、多くの人と知り合い、多くの場所に行くことが重要だと思います。

20代ノマドカフェ東京~読書会・朝活・カフェ会~に参加するということは、新たなチャレンジであるかも知れませんが、新たな出会いもあり、チャンスの確率を高める一つの機会だと思います。

2.武士道エイティーン – 誉田 哲也

2冊目の本書は、武士道シックスティーンから続く、三部作の最終章。剣道に青春をかける対照的な2人の女子高生剣士を描く小説です。

漫画化や映画化もされているので、ご存知の方も多いかもしれません。

剣道は、もともと武士道であり、スポーツではありません。

心を磨く武士道であるため、心が美しくなければなりません。

剣道という武士道に青春をかける少女たちを通して、自分の本当の軸となるものや価値観を考えさせられる一冊です。

3.僕は君たちに武器を配りたい – 瀧本 哲史

人生は短い。愚痴をこぼして社長や上司の悪口を言うヒマがあるのなら、ほかにもっと生産性の高いことがあるはずだ。もし、それがないのであれば、そういう自分の人生を見直すために自分の時間を使うべきだ。

良い大学に入り、良い会社に入り、真面目に働けば、一生安泰という時代は終わりを迎えました。

毎年就職活動の時期になると、各メディアで就活について山のように報道されます。

『就職活動は、黒いリクルートスーツ』『TOEICは、650点以上』『サークルで会長をやっていました』『アルバイト先の売り上げに貢献しました』『ボランティアで○○に行ってきました』みんなと同じスーツをきて、活躍した経験を話す。みんな真面目に思えますが、みんな同じに見えてしまいます。

つまり、今の就活生は、みんな同じなのです。つまり、企業としては誰を採用しても一緒。

日用品や家電製品はどのメーカーのものも同じに見えるように、どの就活生も同じになってしまっているのです。

これを『コモディティ化』といいます。コモディティ化してしまったものは、他のものとはほとんど差がありません。

あなたは、コモディティ化している人材になってしまっていませんか?

これからの時代、あなたがコモディティだとしたら生き抜いていくことは、不可能です。

コモディティにならないためにも、本書を読むことをおすすめします。

本書では、今の時代に活躍している6つのタイプと、これからの時代の活躍できる4つのタイプが記載されていますので、是非ご覧ください。あなたは、これからの時代に生き残っていけるタイプに入っているでしょうか?

人生は短い。戦う時は「いま」だ

時には周囲から「ばかじゃないのか」と思われたとしても、自分が信じるリスクをとりにいくべきだ、ということである。自分自身の人生は、自分以外の誰にも生きることはできない。たとえ自分でリスクをとって失敗したとしても、他人の言いなりになって知らぬ間にリスクを背負わされて生きるよりは、100倍マシな人生だと私は考える。

4.人生ドラクエ化マニュアル – 覚醒せよ! 人生は命がけのドラゴンクエストだ! – -JUNZO

本日最後の本は、人生ドラクエ化マニュアル – 覚醒せよ! 人生は命がけのドラゴンクエストだ! –です。

ドラゴンクエストに、時間を忘れて熱中したことがある人は、非常に多いと思います。ゲームの中の世界にいきたいと思ったり、毎日がゲームをやるみたいに面白ければいいのにと思ったという経験がある人も多いと思います。

ドラクエを生み出したスクエアで働いていた、JUNZOさんが自分の人生をドラクエ化する禁断の方法を初公開したのが本書です。これを読み行動していくと、いつか皆さんに人生を終える日が来た時に、ドラクエを全クリしたときの達成感の何百倍も大きな達成感を感じることができるでしょう。

普段を本を読まない人もすらすら読めてしまうので、読書を始めたいと言う人にもお勧めです。

もちろんドラクエをやったことがなくても十分楽しめる一冊です。

思い出して欲しい。

ドラゴンクエストに熱中していたあの熱い日々のことを。

世界平和を取り戻そうと、一人、荒野に乗り出し、行く手を阻む敵との戦いに手に汗握り、時間を忘れ、寝食も忘れて、徹夜でゲームに没頭したあの熱い日々のことを!

さて一方、今のあなたの人生は、どんな具合だろう?

ドラクエのように手に汗握る、ワクワクドキドキの人生になっているだろうか?

え!?

毎日、自宅と会社の行き帰りだけで一日が終わってしまっている?

いつもの通り日常がくり返されるだけの退屈な人生になっている?

何の刺激もない人生になっているだって?

定価5,500円のテレビゲームに、面白さで負ける人生を送ってどうする!

あなたは、その調子で一生を終えていいと思っているのだろうか?

そんなことはないはずだ。

まとめ

今回も非常に学びの多い読書会になりました。参加いただいた方、誠にありがとうございます。

今回読書会に参加された方の全員が必ずまた参加したいとのことで、非常に満足度の高い2時間になりました。

20代ノマドカフェ東京読書会は、自分の人生をドラクエをやっているときよりも充実した人生にしたい意識の高い20代が集まる東京最大級の20代限定の読書会です。毎週東京の秋葉原駅・岩本町駅周辺のレンタルスペースで開催しています。

読書会に初めて参加するという方は緊張されるかも知れませんが、毎回読書会に初めて参加するという方もたくさんご参加いただいておりますので、ご安心してご参加ください。

下記のバナーより読書会の参加のお申し込みを受け付けております。全国各地より読書会にご参加いただいているため、定員になり次第読書会の申し込みを締め切らせていただいておりますので、少しでも読書会に興味がおありの方はイマスグお申し込みいただくことをオススメいたします。

20代ノマドカフェ東京読書会に参加しよう!

20代ノマドカフェ東京読書会は、毎週東京の秋葉原で開催している東京最大級の20代限定の読書会です。 詳細は、下記のバナーよりご確認ください。

スポンサーリンク
-レクタングル(大)
-レクタングル(大)

フォローする

こんな記事も読まれています

関連コンテンツ
スポンサーリンク
-レクタングル(大)