【読書会】開催レポート│2015年9月6日

2015年9月6日、20代ノマドカフェ東京読書会を開催いたしました。

今回の読書会にお越しいただいた方々、誠にありがとうございます。

今回の読書会は、初参加の方を含めた8名での開催となりました。

読書会にご参加いただいた方にご記入いただいたアンケートでの満足度は、5点満点で全員の方から5点をつけていただくことができました。

学びが多く、満足度の高い読書会を開催できて、よかったと感じます。

読書会で紹介された本は、コチラ!

今回の読書会もたくさんのオススメの本が紹介されましたが、読書会で紹介された本の一部をご紹介いたします。

まず、佐々木裕子さんの大ヒット作品である『21世紀を生き抜く3+1の力』が紹介されました。

2015年は時代の転換期と言われていることは多くの人が存じだと思います。そんな着々と時代が変わり、活躍できる人の条件が変わってき

た今、著者は3つの力と1つの力が必要だといいます。

これから社会で生き抜いていかなければならない20代は是非とも読んでおきたい一冊です。

続いて神田昌典さんの著書である『2022―これから10年、活躍できる人の条件』が紹介されました。こちらも1冊目の『21世紀を生き抜く3+1の力』と同様、これからの時代に活躍するにはどうすれば良いかということが、新書にまとまっている非常に良い本です。

Amazonのビジネス部門ランキングで年間1位を獲得したことがある非常に評価の高い一冊です。

発売から数年があった今でも非常に高い人気と色褪せない説得力があります。発売から数年経つ中で、本書に書かれた内容が次々と現実化していることもこの本が未だに人気の一つかもしれません。今から読むと、所々現実化していることがわかるので、著者の神田昌典氏の先見性の高さを感じられると思います。

今からでも全く遅くないので、すぐに読みたい一冊です。

そのほかには、これからの時代の働き方を考える本田直之さんの『7つの制約にしばられない生き方テクノロジーが雇用の75%を奪う』が紹介されたり、ロジカルシンキングと同じくらい重要な思考法と言われているラテラルシンキングについて書かれた『3分でわかる ラテラル・シンキングの基本ポール・スローンのウミガメのスープ』など様々な本が紹介されました。

まとめ

20代ノマドカフェ東京読書会は、毎週東京の秋葉原駅・岩本町駅周辺の周辺で、東京最大級の20代限定の読書会を開催しています。社会人を中心に年間数百名の20代の方にご参加いただいている読書会です。

読書会に初めて参加すると言う方は、緊張されるかもしれませんが、初参加の方も多く参加されており、読書会や朝活に参加したことがないと言う人も安心の会の運営を心がけていますので、気軽にご参加ください。

少しでも読書会に興味がおありの方は、是非下記のバナーより詳細ページにお進みください。最近では、東京のみならず全国各地から読書会にご参加いただいており、社会人のみならず大学生の方などにもご参加いただいるため、定員になり次第読書会の申し込みを締め切らせていただいております。ご希望の日程の読書会が満席になる前に、イマスグお申し込みをされることをオススメいたします。

20代ノマドカフェ東京読書会に参加しよう!

20代ノマドカフェ東京読書会は、毎週東京の秋葉原で開催している東京最大級の20代限定の読書会です。 詳細は、下記のバナーよりご確認ください。

スポンサーリンク
-レクタングル(大)
-レクタングル(大)

フォローする

こんな記事も読まれています

関連コンテンツ
スポンサーリンク
-レクタングル(大)