【読書会】開催レポート│2015年10月4日

10月4日、20代ノマドカフェ東京読書会を開催いたしました。

今回の読書会にご参加いただいた方、誠にありがとうございました。

今回の読書会は、6人での開催となり、全員の方が次回以降の読書会にも参加したいとのことで、とてもありがたく思います。

また、読書会の参加者の方にご記入いただきましたアンケートの満足度も5段階中全員の方が5をおつけいただき、とても満足度の高い読書会を開催できたことに感謝いたします。

読書会で紹介された本は、コチラ!

今回の読書会でご紹介された本の一部をご紹介いたします。

今回の読書会では、まずは、『非選抜だった私を救った48のことば』が紹介されました。「頑張っていれば、いつか必ずチャンスは訪れる」――その言葉を信じて、非選抜組だったものの必死の努力を続けて、2012年の選抜総選挙でついに「ネクストガールズ」入りを果たした仲谷明香さんの著書です。

この読書会の開催地が秋葉原ということもあり、とても親近感の湧く一冊です。人生に悩んだ時や行き詰まった時に読んでみたい一冊です。

次に、『思考の整理学』が紹介されました。長年読み継がれるベストセラーとのことで、非常に深い内容の本です。

世の中には、グライダー型に仕事をするグライダー人間と、飛行機型に仕事をする飛行機人間がおり、前者は誰かに引っ張り上げて貰えば成功できる可能性があり、後者は自分で成功を掴み取ります。

後者が良いことはだれにでもわかりますが、最初から飛行機型で行動できる人は稀です。まずは、力のある人にある程度のところまで導いてもらい、軌道に乗ったところで一気に飛行機型となり成功へ進んでいくのがベストだと感じます。いつまでもグライダー型で誰かに依存するのではなく、少しずつ1人で稼いでいける力をつけていくことが、重要です。

また、本書は1983年に発行された本です。東京ディズニーランドが開園した年であり、任天堂がファミリーコンピューターを発売した年です。本書では、「自分で飛べない人間は、コンピューターに仕事を奪われる」と書いており、発刊から30年以上たった今多くの仕事がコンピューターやロボットに奪われている現実に直面し、非常に先見性の高い本だと感じます。未だ色褪せぬ内容の一冊です。

続いて『働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。』が紹介されました。織田信長やパスカル、ヘレンケラー、松坂大輔、黒澤明、養老孟司など、歴史上の人物からスポーツ選手、一流のビジネスマンまで幅広い人の働く理由が99個載っている一冊。

大手銀行では研修で配られたりもするとのことで、多くの人に働く理由を考えさせてくれる一冊です。

なんとなく会社に入ったものの、何かが違うと思いながら、惰性で会社に通っているという人も少なくないと思います。

20代ノマドカフェ東京~読書会・朝活・カフェ会~は、様々な業種が20代が集まる読書会のため、こうした働く理由を考えることが出来る読書会でもあります。

続いて、『マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング』が紹介されました。世界の最強の頭脳集団とも言われ、数々の偉大な経営者やビジネスマンを生み出してきたマッキンゼーですが、そこで働く人たちの思考はどのようになっているかがマンガでわかる一冊です。

マッキンゼー出身者と言えば、マッキンゼーの日本支社長を勤めた大前研一さんをはじめ、勝間和代さん、南場智子さん、ちきりんさん、佐々木裕子さんなど数多くの一流のビジネスマンがいらっしゃり、今書店に行くとマッキンゼー出身者が書いた本が非常に売れています。

続いて、ホリエモンこと堀江貴文さんの小説デビュー作の『拝金』が紹介されました。

小説でありながら、ビジネスを学び、ライブドア事件を彷彿されるテーマとなっており、フィクションとノンフィクションを行き交うリアルな一冊です。

著者が堀江さんとのことで、実際のビジネスシーンでも使える言葉も多数あります。

ビジネス初心者4ヵ条は、

1つ、元手はかけない。

2つ、在庫ゼロ。

3つ、定期収入。

4つ、利益率。

と言っており、もし自分が独立や企業などをしたければ、絶対に照らし合わせて確認したいことです。

最後に、『一生お金に困らない「未来予測」の技術』が紹介されました。

大和証券に入社後2年で、メリルリンチ証券にヘッドハンティングされた著者の菅下さん。

2年でヘッドハンティングという異例の功績には、徹底的に仕事のできる人を学ぶという姿勢があったそうです。1番業績の良い人の側に配属を希望し、未来を予測してる人の側で未来の予測の仕方を学び、とにかく突き抜けた能力を持った人の側で学び続けたといいます。

多くの人が、同期や仲の良い仲間と、毎晩飲んだり遊んだりしている中、1人だけトップの人の側で必死に学び続けるというのは居心地の悪さを感じずにはいられなかったはずでが、その結果チャンスを掴みとり、どんどん新たなチャンスをつかんでいきました。

人生でチャンスというのは3回来るとよく言われますが、誰にでも3回来るわけではありません。1回目のチャンスが来ている時に遊んでばかりで、チャンスを逃した人には2度とチャンスは来ません。1度目のチャンスが来る時までに必死の努力をし、チャンスを掴み取る準備をして、チャンスを掴んだものだけが、2度目以降のチャンスをつかむ可能性があるのです。

環境は非常に大事であり、誰と一緒に過ごすかということは非常に大事なことです。毎日愚痴を言いあう仲間と過ごすか、読書会などに参加している人と過ごすかでは人生にものすごい大きな差が生まれるように感じます。

まとめ

20代ノマドカフェ東京読書会は、毎週東京の秋葉原駅・岩本町駅周辺で、東京最大級の20代限定の読書会を開催しています。働く理由を考えたい20代や、愚痴を言い合う友達と過ごしたくない20代など、前向きな20代が多数参加しており、年間数百名の20代の方にご参加いただいている読書会です。

読書会にこれから参加したいと言う方の中には緊張される方も多いかもしれませんが、毎回、読書会に初めて参加すると言う方も多く参加されており、読書会や朝活に初めて参加するという方も安心の読書会の運営を心がけておりますので、ご気軽にご参加ください。

読書会に少しでも興味がおありの方は、ぜひ下記のバナーより読書会の詳細ページへお進みください。最近では、全国各地から読書会にご参加いただいておりますため、満席になり次第読書会の申し込みを締め切らせていただいております。ご希望の日程の読書会が満席になる前に、イマスグお申し込みいただくことをオススメいたします。

20代ノマドカフェ東京読書会に参加しよう!

20代ノマドカフェ東京読書会は、毎週東京の秋葉原で開催している東京最大級の20代限定の読書会です。 詳細は、下記のバナーよりご確認ください。

スポンサーリンク
-レクタングル(大)
-レクタングル(大)

フォローする

こんな記事も読まれています

関連コンテンツ
スポンサーリンク
-レクタングル(大)