【読書会】開催レポート│2016年5月4日

5月4日、20代ノマドカフェ~読書会・朝活・カフェ会~を開催いたしました!

ゴールデンウィーク真っ最中ということで、普段の休日よりも少し人数が少なめの開催となりましたが、今回もとても充実し、満足度の高い読書会となりました。

読書会で、紹介された本はこちら!

今回の読書会で紹介された本の一部をご紹介します。

まず、瀧本哲史さんの著書の『僕は君たちに武器を配りたい』が、紹介されました。この本のキーワードは、『コモディティ』です。

家電量販店などにいくと、洗濯機や冷冷蔵庫などの白物家電が、どれも同じ見た目で性能もさほど変わらずどれも同じに見えるといったことはないでしょうか。この本で、問題になっているのは、社会で働く人材、特に若者がコモディティ化してしまい、どの人材も差がなくなってしまっている現状が描かれています。同じようなリクルートスーツを来て、みんな口を揃えて『サークルの代表をしていました!』や、『TOEIC〇〇点です!、』、『アルバイトでは、売上に貢献費し、、、』などと、同じことを言う今の就活生は確実にコモディティになってしまっています。

これからの時代には、どうやれば差別化された人材になれるのか、これからの時代に必要な能力を教えてくれる1冊です。20代でこの本を読まないのは、その後の社会人生で大きな損失を受けてしまうような1冊で、これから社会で活躍したい若者の必読書です。

その後、『働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。』、『人生を劇的に好転させる自己洗脳ルール44 もう、努力してはいけない!』、『世界連鎖暴落はなぜ再発したか』、『自分を変える読書術 学歴は学<習>歴で超えられる!』等の、本が紹介され、どれも20代のうちに読んでおきたい本ばかりです。

20代ノマドカフェ東京~読書会・朝活・カフェ会~は、毎週東京の秋葉原で20代限定の読書会を開催しています。おかげさまで、東京で行われる20代限定の読書会の中で、最大級の読書会にまで成長し、ますますご盛況いただいております。

読書会や朝活に初めて参加するという方や、地方からわざわざご参加いただく方など、いろいろな方がご参加されております。社会人に入りたてで、日々の仕事にプラスになるものを求めてご参加される方や、地方から出てきて友だちを作りたい方など、参加の動機は様々ですが、読書を通して自分の人生をちょっとだけ良いものにしたいという、前向きな20代がたくさん参加されております。日程によっては、東京以外からも多数ご参加いただいているため、数週間前から満席となることもございますので、まだ参加されていない方は、イマスグお申込みされることをオススメいたします。

20代ノマドカフェ東京読書会に参加しよう!

20代ノマドカフェ東京読書会は、毎週東京の秋葉原で開催している東京最大級の20代限定の読書会です。 詳細は、下記のバナーよりご確認ください。

スポンサーリンク
-レクタングル(大)
-レクタングル(大)

フォローする

こんな記事も読まれています

関連コンテンツ
スポンサーリンク
-レクタングル(大)