【読書会】開催レポート│2016年5月28日

5月28日、20代ノマドカフェ東京~読書会・朝活・カフェ会~を開催いたしました。

今回は、初参加の方を含めた9名での開催となりました。ご参加いただいた方にご記入いただいたアンケートでは、全員の方が満足度5点満点の評価をいただき、全員の方に満足いただけた読書会となり、非常にありがたく思います。

読書会で紹介された本は、コチラ!

今回の読書会の中で紹介された本の一部をご紹介いたします。

まず紹介されたのが、佐々木裕子さんの著書『21世紀を生き抜く3+1の力』が紹介されました。佐々木裕子さんは、日本銀行やマッキンゼーで活躍した方で、お子さんがいながらも日本の最前線で活躍する女性のビジネスウーマンです。読書会に参加される女性の方の多くがオススメされる一冊で、非常にオススメの一冊です。

本書では、2050年の日本や世界について、働き方をメインに書かれています。これから、日本は超高齢社会が到来し、国民の多くが高齢者になっていきますが、世界ではこれから大きな発展を迎えて行く国などが多々あります。

また、コンピューターや人口知能、テクノロジーの発展は著しいものがあり、これから多くの職業がコンピューターに奪われていくことが確実です。人にしか出来ない仕事、あなたにしか出来ない仕事を考えていくことが重要です。

米国で2011年度に入学した小学生の65%は、大学卒業時、今は存在していない職に就くだろう

キャシー・デビッドソン

その他には、『ミスタッチを恐れるな ~伸び悩みの壁を越え、演奏に生命力を取り戻す~』、『不格好経営―チームDeNAの挑戦』、『愛着障害 子ども時代を引きずる人々』、『なまけもののあなたがうまくいく57の法則』、『夢をかなえるゾウ』、『青空のルーレット』、『胸懐』、『ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える』などが紹介されました。

まとめ


20代ノマドカフェ東京~読書会・朝活・カフェ会~は、毎週東京の秋葉原で20代限定の読書会を開催しています。おかげさまで、東京で行われる20代限定の読書会の中で、最大級の読書会にまで成長し、ますますご盛況いただいております。

読書会や朝活に初めて参加するという方や、地方からわざわざご参加いただく方など、いろいろな方がご参加されております。社会人に入りたてで、日々の仕事にプラスになるものを求めてご参加される方や、地方から出てきて友だちを作りたい方など、参加の動機は様々ですが、読書を通して自分の人生をちょっとだけ良いものにしたいという、前向きな20代がたくさん参加されております。日程によっては、東京以外からも多数ご参加いただいているため、数週間前から満席となることもございますので、まだ参加されていない方は、イマスグお申込みされることをオススメいたします。

20代ノマドカフェ東京読書会に参加しよう!

20代ノマドカフェ東京読書会は、毎週東京の秋葉原で開催している東京最大級の20代限定の読書会です。 詳細は、下記のバナーよりご確認ください。

スポンサーリンク
-レクタングル(大)
-レクタングル(大)

フォローする

こんな記事も読まれています

関連コンテンツ
スポンサーリンク
-レクタングル(大)