Kindle Unlimitedで読み放題のオススメのビジネス書・自己啓発書

2016年8月3日、前々から噂されていたAmazonの電子書籍の読み放題サービスの『Kindle Unlimited』がスタートしました。

日本では、月額980円で約12万冊の本が読み放題ということもあり、サービス開始直後から話題沸騰中です。また、洋書は日本語の本の10倍の約120万冊が読み放題ということもあり、英語の本も読みたいという人には、更にお得に感じられる革新的サービスです。

Kindle Unlimited2

(画像: Kindle Unlimited: 読み放題ストア)

Kindle Unlimitedとは?

Kindle Unlimitedは、Amazonが提供する『月額980円で約12万冊の電子書籍が読み放題のサービス』です。最初の30日は無料体験が可能なので、興味がなくても登録して少し使ってみると良いと思います。

12万冊というのは、あくまで日本語の本が12万冊であり、洋書は10倍の120万冊以上が読み放題のため、英語が読める方や英語の勉強のために本を読みたい方は何倍も楽しめること間違いなしです。

タイトルにKindleと入っているため、Kindle端末を持っていないといけないと思っている方もいるかも知れませんが、そんなことはなく、Windows、Mac、iPhone、iPad、Androidなどにアプリが配信されているので、Kindle端末を持っていなくとも、パソコンやスマホ、タブレットでいつでもどこでも利用することが出来ます。スマートフォンとタブレットでは、下記のように表示されます。

Kindle

(↑Kindle Unlimited対象ではない本も表示されています)

早速、Kindle Unlimitedを登録してみましたが、月額980円というのはめちゃくちゃお得というのが正直な感想です。最新のベストセラーなどはないかも知れませんが、いつか読みたいと思っていたベストセラーや名著と呼ばれるビジネス書や自己啓発書などが数多くあり、漫画や週刊誌などもいろいろな種類があるため、毎月1~2冊でも読みたい本が見つかれば、実際に買うよりも十分に元が取れるからです。

読みたい本がなければ、無料期間中に解約するか、辞めたくなった時に解約すれば良いだけなので、少しでも興味があるならば、一度登録して実際に体験してみることが一番だと思います。

Kindle Unlimitedでオススメのビジネス書・自己啓発書

早速、10日ほど使用してみて実際に読んだ本の中から、オススメのものをいくつかご紹介いたします。前から読みたいと思っていた本から、Kindle Unlimitedのサイトの一覧などから偶然見付けて面白かった本など、読んだ理由は様々ですが、Kindle Unlimitedを登録したら是非読んでみて欲しい本です。

Kindle Unlimitedの対象の本は、日々更新されているようで、ある時点で読み放題の対象でも後日対象ではなくなっているということがあるようです。ブログ記載時点で対象だった著書を紹介しております。

 世界をひとりで歩いてみた[Kindle版]

眞鍋かをりさんの著書の『世界をひとりで歩いてみた[Kindle版]』は、今までの眞鍋かをりさんのイメージが一気に変わった一冊です。Kindle Unlimitedの対象の本でなければ一生読むことはなかったように感じますが、たまたまランキングの上位に入っており、気になって読んでみましたが、ただのアイドルではなく、自力で自分の理想の人生を手にしたということを教えてくれました。

18歳で上京し、すぐにスカウトされて芸能界に入った眞鍋かをりさんは、友人たちが大学の卒業旅行で楽しそうに海外に行っているのにも関わらず、仕事の毎日で自分で旅の計画をするということをすることがなく、寂しさをずっと感じていたようです。

30歳を目前に、今まで所属していた事務所を辞めるというタイミングで、ずっとお世話になっていた方のサポートで、フランスに旅行に行き、そこで人生の転機を迎えたということが描かれています。その後は、少しでも仕事に連休が出来たら、その場で飛行機を予約し、海外にすぐに行ってしまうような人生になったと言います。

なかなか会社に勤めていると海外旅行にいくことすら満足に出来ず、ましてや急に連休が出来たから海外に行くというライフスタイルを送れるわけがありません。しかし、自分の努力次第で、こうしたライフスタイルは実現できることを教えてくれる一冊です。

TraveLife クリエイティブに生きるために旅から学んだ35の大切なこと[Kindle版]

旅繋がりというわけではありませんが、本田直之さんの著書である『TraveLife クリエイティブに生きるために旅から学んだ35の大切なこと[Kindle版]』もとてもオススメの一冊です。

本田直之さんといえば、1年のうちの半分をハワイで大好きなサーフィンやトライアスロンをして過ごし、残りの半分を日本やニュージーランドやヨーロッパなどで過ごすという生活をしている、今非常に若者のロールモデルとして新たな時代の働き方を教えて続けてくれています。本田直之さんの人生はよく『ノマドライフ』や、『デュアルライフ』といった言葉で表現されますが、この本はもう一つの側面でもある、「旅が人生で、人生が旅」という旅と人生ということをテーマに『TraveLife』といった言葉で表現されています。

誰もが憧れるような人生を手に入れた本田直行さんが、何故ハワイに住もうと思ったかといったことや、アリゾナのビジネススクールでの学びなど、旅と人生についてを思う存分に紹介してくれている一冊です。

本田直之さんは、いろいろな著書の中で、誰でも準備と覚悟さえあれば、本田直之さんのような生活は可能であるということを、繰り返し述べています。本書を読んで、「こんな生き方があるのか!」と人生の可能性の幅を広げるのに、非常にオススメの一冊です。

LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵[Kindle版]

旅に関する本が続いてしまったため、もう一冊旅に関する本をご紹介します。こちらの本は、Kindle端末を持っている方も是非スマートフォンやタブレットなどで読むことをオススメいたします。

高城剛さんの『LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵[Kindle版]』です。本書は2012年11月に出版された『LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵』の続編となっており、ハイパーメディアクリエイターとして世界中を旅をしながら仕事をする高城剛さんが普段持ち歩いている持ち物を全て紹介しているという、高城剛さん以外には出版できないような一冊です。

高城剛さんは、数年前に持ち物の99%を捨て、家や高級車までもほぼ全ての持ち物を手放し、カバン一つで世界中を飛び回りながら生活するという人生になったと言います。今では同じ年に3日間以上滞在しないほど世界中を飛び回りながら生活しています。

人生を楽しむことに全身全霊を注ぐ高城剛さんが、人生をクリエイティブにそしてより豊かに生きるために厳選した持ち物を見ることが出来ます。テクノロジーの進歩と共に、多くのものが小さく軽く便利になっており、『LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵』と見比べて見ると何倍も面白いかもしれません。『LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵』もKindle Unlimitedで読むことが出来るので、是非併せて読まれることをオススメいたします。

物理的な負荷を捨てれば捨てるほど人生が拡大していく

高城剛

ポジティブ・チェンジ[Kindle版]

メンタリストDaiGoさんの著書の『ポジティブ・チェンジ[Kindle版]』も読み放題に入っていたので、読んでみました。メンタルトレーニングや心理学に関する本などは、いろいろ読んできましたがDaiGoさんの著書は読みたいと思いながら、なかなか読むことがなかったので、読み放題に入っているのを見付け、早速読んでみました。

本書では、時間・言葉・友人・モノ・環境・外見・食事の7つのスイッチを使うことで、理想の自分へのなり方を教えてくれます。人間はホメオスタシスという機能を誰もが持っており、変化を嫌う動物であるという前提から丁寧に解説されているため、入門的な一冊に非常に良いと感じました。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である Kindle版

全ての人が、どこかで中島聡さんの恩恵を受けていると思います。何を隠そう、中島聡さんは、マイクロソフトでWindows 95を開発した伝説のプログラマーであり、Windowsのマウスの右クリックの機能などを作った方だからです。

そんな伝説のプログラマーの中島聡さんが、仕事の時間術について書いた一冊です。Windows 95の開発秘話や、ビル・ゲイツと仕事をした際のことなども書かれており、非常に内容が盛りだくさんの一冊です。

夏休みの宿題が終わらなかったり、依頼された仕事が期日までに終わらなかったり、期日の前日に徹夜をしたという経験がある人も多いと思います。中島聡さんは、夏休みの宿題をきっかけに生まれた『ロケットスタート時間術』という時間術を身に付け、何が何でも締め切りを死守することを繰り返した結果、非常に大きな成功を手に入れてきたと言います。

その『ロケットスタート時間術』が細かく解説されており、変化が目まぐるしい今の時代を生き抜くビジネスパーソン必見の一冊だと感じます。

生き方 Kindle版

稲森和夫さんの名著である『生き方[Kindle版]』もKindle Unlimitedで読むことができます。私は、何度もこの本を読み返してきましたが、Kindle Unlimitedで読めるということで、これからは紙媒体ではなく、Kindleで読み返してみようと思います。

人生がときめく片づけの魔法 Kindle版

本屋などでよく見かけて、いつか読もうと思っていた本で、Kindle Unlimitedでやっと読めたと思ったのが、こんまりこと近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法[Kindle版]』です。

片づけが苦手な訳ではないですが、本書を読んで本当の片づけを知れたような気がします。ばっさりいろんなものを捨ててみようと思わせてくれる一冊です。

2022――これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書) Kindle版

当サイトで、最も人気がある本が、神田昌典さんの『2022――これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)[Kindle版]』ですが、とうとうKindle Unlimitedの読み放題にも登録されており、いつでもどこでも読めるようになりました。

その他

Kindleの本はスマートフォンやタブレットでも読めますし、画像が多い本などを読む際はタブレットが向いているかもしれません。しかし、文字が多い本は、目に優しい『Kindle Paperwhite』もオススメです。

▼オススメ記事▼

20代社会人におすすめの本・ビジネス書・自己啓発書! 読書をした方が良いということはわかっているが、何の本を読めばいいかわからないという方...
以前、『20代で読むべきオススメの本・ビジネス書ランキングTOP10』という記事を書いたところ、大反響があったのですが、ランキングに入りきら...

20代ノマドカフェ東京読書会に参加しよう!

20代ノマドカフェ東京読書会は、毎週東京の秋葉原で開催している東京最大級の20代限定の読書会です。 詳細は、下記のバナーよりご確認ください。

スポンサーリンク
-レクタングル(大)
-レクタングル(大)

フォローする

こんな記事も読まれています

関連コンテンツ
スポンサーリンク
-レクタングル(大)