健康・美容が得られる?健康から考える朝活・カフェ会のメリット

朝活・カフェ会に参加して健康を手にいれる!?

20代限定の学び場である20代ノマドカフェ東京~読書会・朝活・カフェ会~を主催しています。

参加すると会社の中にはいない意識の高い20代との出会いや新たな本との出会い、これからの時代に必要な知識や考え方、経済の状況や時代のトレンドなどいろいろなことについて学べるのは当然のことだと思います。

しかし、早起きは体にいいとよく言いますよね!

ということで、朝早起きして、読書会、朝活、カフェ会に行くメリットを、健康面から考えたいと思います。

『早起きは三文の徳』といわれますが、どんなメリットあるのでしょうか!?

朝は脳のゴールデンタイム

脳のゴールデンタイム

読書会やカフェ会、勉強会なら、朝じゃなくても夜でもいいんじゃないの?って思う方もいうるかもしれません。

しかし、こうした読書会やカフェ会は朝やる方が断然効果が高いのです。

それは、朝は『脳のゴールデンタイム』といわれているからです。

脳科学者として、有名な茂木健一郎さんは、次のように言っています。

朝の脳はフレッシュな状態なので「脳のゴールデンタイム」と呼ばれています。

さらに朝は比較的誰にも邪魔されない時間なので、集中して英語を勉強したり、クリエイティブな活動に取り組むには最適な時間帯。

朝に勉強などを行うことが非常に効果的なのです。

朝、勉強したりやカフェ会に参加するメリットはどのようなものがあるでしょうか?

①ニューロンが結びつきやすい?

また、朝はニューロンと呼ばれる神経細胞が結びつきやすい時間帯として知られています。

このニューロンという神経細胞は、私たちの持っている潜在能力を最大限発揮しやすくなり、勉強や読書で高い効果が得られると言われています。

②ドーパミンが分泌される

ドーパミンという言葉を聞いた事がある方も多いと思います。

ドーパミンは快感を生み出す脳内物質で、朝たくさん分泌されるされます。

なので、朝の時間は、難しいことや慣れないこと、不得意なことにも好奇心旺盛に取り組めることが分かっています。

③マイナスイオンが多く含まれている

マイナスイオンが体に良いことは、皆さんご存知だと思います。

朝の5時~10時の間が、一日の中で、大気中にマイナスイオンが最も多く含まれています。

このマイナスイオンの効果は

  • 血液をきれいにする
  • 細胞の新陳代謝を活発にし、内蔵を健康する」
  • 体の抵抗力・免疫力を高める
  • 自律神経の機能を向上させる

といったことが挙げられます。

早起き⇒太陽⇒幸福のホルモン、セロトニンの分泌

早起き

早起きを習慣にする時のコツの一つとして、よくあげられるのが、朝起きたらすぐに太陽の光をあびるということ。

朝の太陽をあびることのメリットは大きく分けて、2つあります。

①体内時計のリセット

人間の体内時計は25時間になっているといわれています。

なので、一日中時計もなく太陽の光などもあたらない空間で生活すると25時間周期で活動し、どんどん実際に日にちからずれていくとのことです。

1日が24時間で回っているため、その体内時計だけに頼っていると、毎日一時間ずつ誤差が生じてしまいます。

それを修正するのが、太陽の光をあびるということです。

太陽の光を浴びることで、朝が来たことを認識し、体内時計をリセットすることができます。

週末などに寝坊してしまうとまた体内時計が狂ってしまうので、予定がない日も早起きをして太陽の光を浴びたいですね!

そのために朝活やカフェ会に申込み、強制力を利用するのも良い習慣をつけるコツだと思います。

②セロトニンが分泌される

健康に更にいい影響を与えるのが、このセロトニンでしょう。

セロトニンは、朝の太陽を浴びることで分泌される脳内物質です。

近年、このセロトニンが欠乏することで健康に対し、様々な悪影響があることがわかっています。

今の社会はこのセロトニンの分泌を妨げるように、夜型の生活になりやすい環境があるので、注意が必要です。

セロトニンの及ぼす影響

では、朝早起きをして、セロトニンが分泌されなくなるとどんな悪影響があるのでしょうか?

①早起きできない

セロトニンは、朝の目覚めを促す働きをします。

しかし、夜寝ている間には、セロトニンはほとんど分泌されず、朝が近づくと少しずつ分泌されていきます。

人間は、自然と早起きできるように元々はなっているのです。

しかし、セロトニンが分泌されていないと、朝起きるというモードに体がならないので、いつまでたってもぼーっとしてしまいます。

つまり、早起きしないとセロトニンが分泌されない⇒朝が更に苦手になる!

まずは、とにかく早く起きて、セロトニンを分泌させることが必要です。

②夜寝れない

セロトニンは、夜の寝つきにも影響を与えてしまいます。

直接セロトニンが影響を及ぼすわけではありませんが、メラトニン『別名:睡眠ホルモン』が影響を及ぼします。

メラトニンがないと人間は寝つきが悪くなり、睡眠の質が悪くなり、朝になっても疲れが取れていないということにもつながります。

このメラトニンの原料となるのがセロトニンなのです!

ということは、朝早きしてセロトニンを分泌⇒メラトニンが分泌し寝つきが良くなる⇒メラトニンによる良い寝つきと明け方のセロトニンの分泌で気持ちよく起きることが出来る

という流れになります。

これが、早起きをしないでセロトニンが分泌されないと、メラトニンも分泌されず、寝つきも睡眠の質も悪くなり、セロトニンも分泌されないので、朝起きるのも辛いという悪循環に突入するのです。

また、メラトニンは、ガンの発生を抑える効果があります。

このメラトニンが減るとガンへの免疫も低くなり、ガンに罹患する可能性が高くなります。

早起きは、ガン予防にもなるということです。

非常に難しいですが、早起きが習慣化出来ない理由は、早起きをしないからということです。

③精神の崩壊

セロトニンの影響で一番大きく、今テレビや雑誌など各メディアでセロトニンが注目されている最大の理由は、この精神に与える影響が大きいからということでしょう。

セロトニンがの不足が原因で、

  • うつ病になる
  • 不安になる
  • 起こりやすくなる
  • 落ち込みやすくなる
  • やる気がおきない
  • 感情がなくなる

などの精神に悪影響を及ぼすことがわかっています。

このようなことをさけるためにも、しっかりと早起きをして、セロトニンを分泌させることが重要です。

女性は絶対朝活に参加すべき!早起きが早寝をつくり、美容に!

早起き 美容

早起きをし、メラトニンが分泌されるし、日中アクティブに活動するとので、当然夜には疲れてきて早く寝ることになります。

これはとてもいい循環ですね!

へとへと疲れきって、しっかり熟睡して、翌朝に疲れを残さないというのが一番いいことだと思います。

中途半端に体力が残っているとしっかり寝られないですし、疲れが取れきらないことになります。

早起きの習慣を身につけると、同時に早寝の習慣も身につきます。

早寝をすると美容にとても良いです!女性は特に早寝を出来るようにしたほうがいいと思います。

肌のゴールデンタイム

午後10時~午前2時は、『肌のゴールデンタイム』と言われています。

この時間帯に睡眠を取ることで、成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは、『若返りホルモン』とも呼ばれています。

その成長ホルモンが美容にとても良い影響を与えます。

成長ホルモンの働き

  • 肌の再生
  • 髪の潤いを与える
  • 目に潤いを与える
  • アンチエイジング
  • 新陳代謝をあげ、筋肉を作りやすくし、太りにくい体を作る

このように非常に良いことだらけの成長ホルモンです。

成長ホルモンをしっかり分泌させ、綺麗な肌や太りにくい体を手に入れましょう!

まとめ

このように朝早く起きることは、非常にメリットが多いです。

そして、朝に読書会やカフェ会を行っているのは、様々な知識を学ぶのにも脳の働きからしてとても効率的にもいいことですし、早起きすること自体が、美容や健康にも繋がるのです。

是非20代のうちに早起きをする習慣、勉強をする習慣を身につけ、30代以降はノマドライフを送っていきたいですね。

そんな早起きをする強制力を働かせるために、20代ノマドカフェ東京~読書会・朝活・カフェ会~に申し込むということも一つの方法だと思います。

毎週秋葉原駅・岩本町駅周辺のカフェで大好評開催中の20代限定の学び場 20代ノマドカフェ東京~読書会・朝活・カフェ会~は、意識の高い20代が集まる読書会、勉強会です。

皆さんのご参加をお待ちしております。

20代ノマドカフェ東京読書会に参加しよう!

20代ノマドカフェ東京読書会は、毎週東京の秋葉原で開催している東京最大級の20代限定の読書会です。 詳細は、下記のバナーよりご確認ください。

スポンサーリンク
-レクタングル(大)
-レクタングル(大)

フォローする

こんな記事も読まれています

関連コンテンツ
スポンサーリンク
-レクタングル(大)