新しいことを始めることは恐い事?

節目の時には、

「何か新しいことをはじめよう」

という気持ちになりますよね。

しかし、それにいつも『恐怖心』や『始められない言い訳』が付きまってしまいます。

  • 『何か新しいことを始めたい』
  • 『習い事を始めよう』
  • 『朝活にいってみよう』
  • 『資格の勉強を始めよう』

と頭では思いつつ、

  • 『時間がない』
  • 『お金がない』
  • 『新しい環境にいくのは少し、恐いし心配』

と、自分の気持ちにブレーキを踏んでしまいます。

ホメオスタシス?

しかし、ご安心ください。その気持ちは、人間にとって当たり前の感情なのです。

人間は、安心・安全を求めたい、不安定は好まないといった性質を持ち合わせています。そのため、まだ知らない世界に足を踏み入れることに恐怖心をもってしまうのです。

別の言葉で、『ホメオスタシス(恒常性)』というものがあります。

恒常性(こうじょうせい)ないしはホメオスタシス(英語:Homeostasis、ギリシア語:ΟΜΟΙΟΣΤΑΣΙΣ)とは、生物および鉱物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことである。

(出典元:Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/恒常性)

つまり、何かを始めようとする時には、その行動を阻もうとする「心理的なブレーキ」が発生することは当然のことであるということです。

最近、『嫌われる勇気』という本で有名になった、心理学者のアルフレッド・アドラーは次のようにいってます。

『変われないのではなく、変わらないということを決断しているだけだ』

つまり、変われない、挑戦出来ないのではなく、自分の頭の中で知らず知らずのうちに、人間は変わらない、今のままでいいという決断をしてしまっているのです。

一歩を踏み出すには?

5158326383_75a9e3a29d_b

では、この無意識のうちにしてしまっている決断をどうすれば、乗り越えられるのでしょうか?

歴史上の偉人たちは、次のように言っています。

老子

『千里の道も足元より始まる』

スティーブン・コヴィー

『原則は手法ではない。手法は具体的な活動、あるいは行動である』

アイリーン・キャディ

『一歩ずつしか進めないのですから、まずはその一歩を踏み出すことです。そうすれば、つぎの一歩はきちんと正しいときにやってきます』

養老孟司

『先が見えないときは、まず一歩を踏み出してみること。』

とにかく、まずは一歩を踏み出すということが非常に大事なのです。

始めたらそれだけでOK?

ナポレオン・ヒル

『たいていの人はトライもしないで諦めてしまう。』

アウソニウス

『大変な仕事だと思っても、まず、とりかかってみる。仕事に手をつけた、それだけで半分の仕事は終ってしまった。』

ウディ・アレン

『始めさえすれば、もう8割は成功したのと同じだ。』

まずは、一歩進み始めること。

多くの人は、一歩すら踏み出せずに終わってしまいます。

つまり、一歩を踏み出すことさえ出来たら、小さな一歩がとてつもない大事な一歩になるのです。

今、このブログを読み終わった瞬間に新たな一歩を踏み出しましょう!

柳井正

『どれだけ良いアイデアがあっても、実行しなければ成功もしないし、失敗もしない。それは時間の無駄でしかない。』

東京の秋葉原駅・岩本町駅周辺のカフェで毎週開催するで20代限定の学び場 20代ノマドカフェ東京~読書会・朝活・カフェ会~ でお会いしましょう!休日は朝活、休日は夜活として、開催しています。

初参加の方も多く参加されており、新しい人ことを始めたい人にも安心の会の運営を心がけています。

 

20代ノマドカフェ東京読書会に参加しよう!

20代ノマドカフェ東京読書会は、毎週東京の秋葉原で開催している東京最大級の20代限定の読書会です。 詳細は、下記のバナーよりご確認ください。

スポンサーリンク
-レクタングル(大)
-レクタングル(大)

フォローする

こんな記事も読まれています

関連コンテンツ
スポンサーリンク
-レクタングル(大)