物事は、やり方2割、理由8割~変えられるものを変える勇気をもっていますか

世の中には、多くのノウハウ本やライフハックが溢れています。

自分が取り組んでいるものが上手く進まないとどうしても、『今のやり方が間違っているのか?』と思ってしまい、小手先のテクニックを得れば全て解決するよう思ってしまいます。

しかし、実はそうではありません。

『自分が頑張れていないというのは、あなたが上手くいっていないわけではなく、上手くいかす理由がない』のです。

会社の仕事がやる気がない、頑張れないという人は、会社の仕事を上手くいかす理由がないのです。頑張る理由がないのです。

Appleの創業者であるSteve Jobsは、スタンフォード大学の卒業式でしたスピーチの中で次のようにいっています。

steve-jobs-stanford

私は毎朝鏡を見て自分にこう問い掛けるのを日課としてきました。「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」。それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです。

Steve Jobs

あなたは、本当はやりたくない会社の仕事をイヤイヤやりながら、どうして仕事が上手くいかないんだろうと悩んだりしてないでしょうか。

思いっきりやりたい仕事、頑張る理由がある仕事に出会う必要があります。

人生の成功には、正しい選択が必要

right choice

悲しいものを選択して、それを全力で頑張っても何も起こりません。

しかし、多くの人が本当はやりたくないという仕事を選択してしまっています。

何故それを頑張る必要があるか。という視点で考えてみてください。

何故今の仕事を選んだのでしょうか?

多くの場合、最初に来るのは、給料を得るためだったり、生きていくためという理由があるでしょう。

そして、仕事の内容がやりたかったからとか、給料が高かったからとか、誰かに勧められた、かっこよかったなどの理由もあるかもしれません。

しかし、本質を考えると『どんな人生を生きようとしているか』というところに、行きつくと思います。

その給料でどんな生活をするのか、平日の昼間は会社でどんな仕事をしている人生にするのか、カッコいい仕事をしている人生にするのかなど、どんな人生にしたいかという基準があると思います。

人生で一番大切なこと

7つの習慣の著者として世界中で有名なスティーブン・コヴィー氏は次のようにいっています。

最も大切なことは、最も大切なことを最も大切にすることである。

スティーブン・コヴィー

当たり前のことじゃないかと思う人も多いと思います。

では、あなたにとって人生で最も大切なもの、一番大切なものはなんでしょうか?

すぐに答えられる人は少ないのではないでしょうか?

最も大切なことがわかっていないのに、最も大切なことを最も大切にすることはできません。

あなたが今最も大切にしていることはなんですか?

仕方ないから、「毎日とりあえず会社に行くことが大切」「とりあえず会社で真面目に働くことが大切」「とりあえず失敗しないことが大切」と、とりあえず大切かなと思い込ませて過ごしていませんか。

少なくとも、イヤイヤ会社に行き続けることは、全く大切ではありません。

そうしたとりあえず今やっていることを惰性で大切にしていく人生には、どんなものが形づいていくでしょうか。

恐らく、あなたが本来望んでいた物とは違ったものになってしまっているはずです。

結果として、『後悔』が生まれてしまうのです。

それを回避するためには、自分の人生において本当に大切なものはなんなんだということを知るということ、自分の価値観を知るということが非常に大切です。

変えられるものを変える勇気

勇気

変えられるものを変える勇気と、 変えられないものを受け入れる広い心と、 その違いが分かる知恵をありがとう。

インディアン ホピ族の言葉

変えられるものを変えるには、勇気が必要です。

あなたにとって勇気を使う習慣が人生にないならば、あなたは変えられるものを変えていかなかった人生を歩むことになります。

勇気を持つときには、ヒヤッと感があると思います。ドキドキしたり、ヒリヒリしたり、恐怖を感じたりすると思います。

しかし、その裏には、ワクワクがあるはずです。

ヒリヒリするものが走り出すと、同時にあなたの中でワクワク感が走り出します。

そのヒリヒリだけの面を見て、勇気を使わない人生、つまり変えられるものを変えない人生を歩むこと。変わらない人生を歩むことは、非常に退屈な人生だと思います。

一方で変えられないものも存在します。

それを受け入れる広い心も必要です。

『なんで車を擦っちゃったんだろう、、、』と思っているうちは、車を擦ったことを受け入れていないのです。

人生でキツいことは、『不幸が起きたことではなく、起きた不幸を受け入れていない時』がきついのです。

『あいつが迎えに来いっていうから、車を擦った』、『雨が降ってて視界が悪いから、車を擦った』『いつもは止まっていない車があったから、車を擦った』と受け入れない理由を言うことは簡単です。

しかし、車を擦ってしまったら、それを受け入れるしかありません。

もし、これを『いや、車を擦っていない』変えてしまったら、隠ぺいになってしまいます!

変えられないものを受け入れる広い心を持っていると、苦痛感を味わうことのない人生を手に入れることができます。

何を変えることが出来て、何を変えることが出来ないのかを、しっかり理解できる知恵が必要です。

人間が変わる方法は三つしかない。一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える、この三つの要素でしか人間は変わらない。もっとも無意味なのは、「決意を新たにする」ことだ。かつて決意して何か変わっただろうか。行動を具体的に変えない限り、決意だけでは何も変わらない。

大前研一(経営コンサルタント)

ライバルに差をつけたいのなら、環境を変えてほしい。なんだかんだ言っても一度ぬるま湯に浸かってしまうと、なかなか抜け出せない。だから、「何か物足りない」と思ったら、自分のことを知らない環境に飛び込んで行ってほしいと思う。

本田 圭佑

まとめ

あなたが毎日イヤイヤ行っている会社は、勇気さえあれば変えられるものです。

転職、独立、起業など、今の時代では決して珍しい事でもなんでもありません。

しかし、そうした行動を起こす前に、準備をすることが重要です。

そのためには、大前 研一さんや本田 圭佑さんがいうように環境を変えることが一番です。

20代ノマドカフェ東京~読書会・朝活・カフェ会~は、そんな変える勇気を得たい20代、環境を変えたい20代、いやいや会社にいく人生を変えたい20代が多く集まる20代限定の学び場です。

20代ノマドカフェ東京読書会に参加しよう!

20代ノマドカフェ東京読書会は、毎週東京の秋葉原で開催している東京最大級の20代限定の読書会です。 詳細は、下記のバナーよりご確認ください。

スポンサーリンク
-レクタングル(大)
-レクタングル(大)

フォローする

こんな記事も読まれています

関連コンテンツ
スポンサーリンク
-レクタングル(大)